その他日帰り手術

一般外科のページから詳細をご覧いただけます。
>> 一般外科・整形外科

IVHポート留置術

IVHポートについて

IVH(Intravenous Hyperalimentation)とは、中心静脈栄養法の略称で、心臓から出ている静脈にカテーテルを入れて、そこから栄養や薬の補給、採血、輸血など、そのルートを確保する術式のことをいいます。
手術後や消化器疾患などで必要栄養素を経口接種できない方などに主に行います。
体表のカテーテル挿入部は輸液の出入り口ということで、細菌等の感染予防のため清潔にはかなり気を配る必要があります。
特に、自宅療養の場合IVHがライフラインになるため、なお一層の注意が必要となります。
このようなことから、IVHポート(皮下埋め込み式)といって、対外の輸液を針経由で取り込み、体内のカテーテルへ流すための受け口をつくる方法が採られています。
この方法ですと、皮下で体内のカテーテルとつながりますので感染のリスクは、はるかに低減されます。
また、在宅ケアの場合はQOL(生活の質の向上)につながります。

IVHポートのようなメリット

  • 詰まりにくい
  • 感染が生じにくい
  • 入浴が出来る

当院では、IVHポートの埋め込み手術を日帰りで行っております。