経鼻内視鏡検査(胃カメラ)

食道、胃、十二指腸までをカメラで検査します。
予約制 毎日8:30と13:00に実施しています。
検査の前に感染症の血液検査と検査についての注意事項をご説明いたします。

経鼻内視鏡(極細経ファイバーによる経鼻内視鏡)

当院では最新の細経内視鏡を使った苦しくない、らくちんな鼻から入れる経鼻胃カメラを施行しております。
ファイバーが鼻からはいるため、舌の根本にファイバーがあたらず、”オエッ”と来る反射が無く、胃カメラがとてもらくちんな検査になりました。
胃カメラは苦しい検査だという固定概念を覆す検査法です。

なぜ苦しくないの?
内視鏡検査と聞くと苦しくてイヤという方も少なくないと思います。
内視鏡検査を受けられたことのある方なら良く分かると思いますが、検査の最中に「オエッ」という吐き気を催すことがあります。
これは、舌の付け根の舌根という部分に内視鏡がふれることが原因です(図1a)
これは異物などを吐き出そうという反応であり、検査中にこれがおきると非常に気分の悪いものです。

この問題を解決したのが経鼻内視鏡です(図1b)
通常の内視鏡は直径10mm程度のファイバーを口から飲み込みますが、経鼻内視鏡は5.9mmと非常に細いので鼻から挿入することが可能です。


この極細経ファイバーが鼻腔を通って食道に入るため、舌根にふれることがなく咽頭反射はほとんどありません。
苦しくなる咽頭反射がないため楽に胃カメラ検査が受けられます。

口がふさがっていないので検査中医師と話が出来るので安心です。

内視鏡(上)と比較し、はるかに細い経鼻用内視鏡(下)で、楽に検査を受けていただけます。
もちろん従来の口からの検査をご希望の方も、細いファイバーで行いますから違和感は最小限にとどまります。

検査当日の流れ

検査準備

検査をご希望の方は、まず外来に起こし下さい。
来院されましたら、事前の血液検査(感染症検査)を行い、検査日の予約を取ります。
感染症検査は院内感染防止、皆様の安全のために受けていただいております。
皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

検査日前日の夕食は午後9時までに軽く済ませ、それ以降は禁食です。

検査当日
  • 検査当日は、午前8時30分にお出でください。
検査後
  • のどに麻酔の薬を使用していますので、検査後の飲食は検査終了から30分以上たってからにしてください。始めにうがいをして、むせないことを確認してください。
  • 病理検査をしたときは、1〜2日は消化のよい、刺激の少ないものを食べるようにしてください。

結果報告

数日後に結果が出ますので、再診時に報告いたします。

治療費の目安

内視鏡は、腫瘍の有無、切除やその病理検査により内容が異なります。

食道・胃内視鏡 6,000円〜12,000円 (健康保険適用(3割負担)の場合))