便潜血検査

便潜血検査について

便潜血検査について便を検査するだけという簡単さから大腸がん検診として広く行われている便潜血検査ですが、陰性でも大腸がんが隠れていることがあります。また、痔などの疾患が原因で陽性が出てしまうこともしばしばあります。社会全体という大きな集団で考えた場合、便潜血検査をスクリーニング検査として行うことで陽性の方が大腸内視鏡検査を受ける数が増えれば明らかな自覚症状が現れるより早く大腸がんを発見できますから、大腸がんによる死亡数を減らす効果が期待できます。ただし、便潜血検査を受けた方にとって信頼できる結果が得られるとは限らないことをしっかり理解する必要があります。早期の大腸がんや前がん病変である大腸ポリープを発見して治療するためには定期的な大腸内視鏡検査が不可欠です。

便潜血検査の陽性と陰性

便潜血検査は、目に見えないほど微量の血液が便に含まれているかどうかを調べる検査です。大腸がんやポリープがあると、その場所によっては便の通過を妨げて出血を起こしますから、出血の有無を調べることで大腸がんやポリープの発見につながります。ただし、やわらかい便が通過する場所では大腸がんやポリープがあっても便の通過によって出血が起こりませんから、便潜血検査では大腸がんを見逃してしまうことがあるのです。

陽性

便に微量の血液が混じっているということであり、その出血の原因はわかりませんので大腸内視鏡検査を受ける必要があります。大腸内視鏡検査を行ってみると痔などの病気によるもの、あるいは特に病気がないケースもよくありますが、大腸がんであった場合には比較的早期の発見ができる可能性があります。陽性になったら必ず大腸内視鏡検行を受けるようにしてください。

陰性

便に血液が混じっていないということであり、大腸がんが見逃されてしまっているケースもあります。早期の大腸がんや大腸ポリープを発見するためには大腸内視鏡検査が必要です。

大腸内視鏡検査で大腸がんの早期発見と治療を

大腸内視鏡検査で大腸がんの早期発見と治療をかなり進行するまで自覚症状が現れない大腸がんの早期発見が可能な唯一の検査が大腸内視鏡検査です。将来がん化する可能性がある大腸ポリープの発見もできますし、病変の組織を採取して確定診断ができます。また、検査中に発見したポリープや初期の大腸がんはその場で切除して治療を完了する日帰り手術ができます。ポリープの段階で切除することは、将来の大腸がん予防につながります。

03-3424-3360