逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは胃液や胃の内容物が逆流して食道に入り、炎症を起こす病気が逆流性食道炎です。胃には強い酸性の胃酸から粘膜を守る粘液がありますが、食道にはそうした防御機能がないため逆流が炎症につながります。以前は日本人に少ないとされていた病気ですが、食生活の欧米化や生活習慣の変化などによって近年になって増加傾向にあります。

逆流性食道炎の症状

代表的な症状には胸やけや胸の痛みがあり、他にも咳などさまざまな症状を現すこともありますが、無症状のまま進行することもあります。

胸やけ・胸の痛み

胸が焼けるように痛む、あるいは胸の上部が締め付けられるように痛みます

呑酸

酸っぱい・苦味のある液体が上がってくる症状で、ゲップの際に起こることもよくあります。

喉の痛み・口内炎

胃液による炎症で喉の痛みが現れることがあります。口内炎ができやすくなるケースもあります。

飲み込みにくさ・声枯れ

ものを飲み込みにくい症状や声がかすれるといった症状が現れることがあります。

咳・喘息

胃液が気管支を刺激する、あるいは食道に対する胃液の刺激が気管支に伝わって咳や喘息の症状を起こすことがあります。就寝時に横になると咳が続くといった症状の原因が逆流性食道炎であるケースもよくあります。

違和感・その他

胸や喉の違和感、めまい、耳鳴りなど多彩な症状が現れることがあります。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因胃と食道の間にあって逆流が起こらないようにしている下部食道括約筋が弱くなる、胃酸が増え過ぎるなどが逆流性食道炎の原因です。また、通常は逆流が起きても蠕動運動によって素早く戻りますが、この蠕動運動が弱くなることも逆流性食道炎につながります。 下部食道括約筋は、加齢、肥満、食生活などによって弱まってしまうことがあります。また、姿勢などによって強い腹圧がかかると下部食道括約筋の締め付ける力では逆流を止められなくなってしまうこともあります。一時的な胃液の逆流によって食道が炎症を起こし、それによって食道が知覚過敏を起こして逆流性食道炎につながるケースも報告されています。

逆流性食道炎の検査

一般的に内科では服薬や生活指導を行いながら経過をみていく診断的治療を行いますが、逆流性食道炎の症状は胃潰瘍や胃がん、食道がんでも現れるものなので確定診断されないまま治療を続けるのはとても危険です。当院では、楽に受けられる内視鏡検査で粘膜の状態を観察して確定診断し、状態に合わせた適切な治療を行っています。胃内視鏡検査(胃カメラ検査)では、胃だけでなく喉や食道の粘膜も直接観察でき、粘膜の傷やびらんなどの状態を正確に把握できます。疑わしい病変があれば組織を採取して生検を行うこともできるため、適切な治療につながります。

逆流性食道炎の治療

生活習慣の改善、薬物療法、外科的な治療がありますが外科的な治療はよほど重症な場合を除き行われることはありません。効果の高い薬剤があるため薬物療法で症状は緩和できますが、逆流性食道炎は再発しやすいため生活習慣の改善も重要です。

薬物療法

効果の高い胃酸分泌を抑制する薬剤を中心に、胃や食道の食べ物を送り出す蠕動運動を促進させる薬剤、食道や胃の粘膜を保護する薬剤を用います。粘膜の状態や症状、他の病気の有無、患者様のライフスタイルなどに合わせて処方していきます。

生活習慣の改善

腹圧が上がると逆流が起きやすくなります。猫背や前かがみの姿勢、お腹を締め付ける衣類は避けるようにしましょう。 逆流を起こしやすくなる嗜好品や食品を控えることも重要です。飲酒・喫煙、コーヒーや濃い紅茶・緑茶、炭酸飲料、甘いもの、酸味が強いものは逆流性食道炎を起こしやすいのでできるだけ控えます。消化に時間がかかる脂っぽいもの、パンなどの炭水化物も少し減らすようにしましょう。

外科的治療

重症化した場合に用いられることがありますが、内科的な治療の効果がほとんどなく、飲み込むことが困難な場合や、出血を繰り返す場合など、まれにしか行われません。

03-3424-3360